育毛シャンプーの商品

【プチプラ育毛シャンプー】ドンキやドラックストアなど市販で買える?

・頭頂部がぺたんこでボリュームがなくなってきた気がする
・ドライヤーをしても根元からしっかり立ち上がらない
・頭がかゆくなったりフケが出やすい
・髪の毛の分け目や生え際が目立つようになってきた

こんな人は、シャンプーを変えてみましょう。髪の毛のトラブル・悩みを改善するためには、まずは頭皮環境を整えることからスタート!特に気にかけたいのが「頭皮の毛穴をキレイにすること」です。毛穴がつまっていると抜け毛が加速します。実はそこまで髪の毛が減っているわけでもないのに、薄毛に見られやすくなるので、しっかり対策をしましょう。

毛穴の汚れを落として根元からフサフサになるメカニズム

【頭皮の毛穴が詰まっていると元気な髪の毛が生えにくいのです】

頭皮の毛穴が詰まる理由は

・皮脂をはじめとした花粉、ほこりなどがしっかり落としきれていない
・頭皮が乾燥して保湿しようと皮脂を過剰分泌させて毛穴につまる

この2つが主な原因と言われています。毛穴がつまってしまうと、べたつきや不快なニオイがするといったトラブルがおきますが、抜け毛が増えるといった症状も出るようになります。

皮脂がつまる→細菌が繁殖して炎症が出て、毛根が傷つく→髪の毛が抜けていく

といったメカニズムです。肌にニキビができるときと同じように、頭皮にも皮脂や汚れがつまることで、炎症した湿疹ができることもあります。また皮脂がつまっていると、髪の毛が自立して立ち上がらず、ぺたんと寝た状態でのびてきます。見た目もボリュームがないように見えるので、薄毛を感じやすいのです。

薬用と医薬部外品の育毛シャンプーはどう違う?

【治療できるくらいダイレクトに症状に効果があるのか?予防効果があるのか?の違い!】

育毛シャンプーに限らず、化粧品やスキンケア用品には「薬用」と「医薬部外品」と書かれているものが多くあります。パッと見ると「どちらも同じくらい効果があるのかな?」と思いますが、実は全く違います。

薬用:症状を治すために効果的な有効成分が配合されているもの。
医薬部外品:症状を予防するための効果・効能がある成分が一定の濃度で配合されているもの

どちらもトラブルに対して、良い効果が出ることに間違いはないのですが、薬用の方がダイレクトにアプローチしていきます。「薬用=治療する」に対して「医薬部外品=予防する」ということになります。

薬用シャンプー

・見た目ではっきりと薄毛だと認識できる
・頭頂部だけでなく後頭部の薄毛も気になる
・分け目や生え際の頭皮がはっきり見えるようになってきた

医薬部外品シャンプー

・髪の毛の生え際がくっきりしてきた
・パッと見てもわからないけどよくみたら薄毛のような気がする
・べたつきや抜け毛などの症状を最近感じ始めた

など、自分の頭皮トラブルや薄毛の症状に合わせて育毛シャンプーを選ぶことをオススメします。

薬局(ドラックストア)で買える育毛シャンプーのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
●プチプラでコスパが抜群
●どこでも買うことができる
●気になった商品を気軽に試せる
●泡立ちがいいタイプが多い
●使用されている成分が悪い影響を与えることがある
●ヘアカラーのもちがよくない
●洗浄力が強すぎる
●保湿成分がものたりない

市販のシャンプーのいいところは、とにかく安く買えること!ドラックストアの特売日に買いに行くと、ワンコイン以下で買えることもあります。値段が安い分気軽に試せるので、「合わなければ次!」とシフトしやすいのも特徴です。種類にもよりますが、泡立ちのいいタイプが多く「ちゃんと洗えているな」と実感しやすいのも魅力的♪

しかしドラッグストアのシャンプーは、大量生産をすることでコストを下げて安く買うことができます。そのため原材料を安くしようとするので、使われている素材・成分の質が悪いこともしばしば・・・。特に薄毛トラブルが気になる人にとって、髪の毛にダメージがある成分は使いたくないですよね!

また汚れをしっかり落とすころに注目されがち、洗浄力が強すぎることがあります。汚れを落として毛穴のつまりを解消するのはいいことですが、これでは頭皮が乾燥してしまいます。保湿しようとして余計の皮脂を過剰分泌してしまうので、頭皮環境が悪循環になるのです。「皮脂=悪いもの」ではないので洗浄力が高く、刺激の強いものには要注意!

低価格で良い育毛シャンプーを選ぶには?ココを見るべし!

【まずは使われている成分をしっかりチェックしよう!】

・毎日使うものだからやっぱりコスパは重視したい!
・高いシャンプーじゃなくても、それなりに効果が実感できるものを選びたい!
・安くてもイイものが使いたい!

市販のシャンプーもしっかり吟味して買えば、値段以上に満足できるものがたくさんあります。プチプラ育毛シャンプーをみつけたときは、こんな項目をチェックしてみましょう。

・アミノ酸シャンプーではなくて「アミノ酸配合シャンプー」と表記されていないか?
・シリコンが入っていないか?(シロキサン・シリカ・シクロメチコンなど)
・ラウレル硫酸系・ラウレス硫酸といった合成界面活性剤が入っていないか?

「アミノ酸のシャンプーって髪の毛にいいんじゃないの!?」と思いますが、ここにはからくりがあります。アミノ酸シャンプーは確かに髪の毛をケアするのにとってもオススメです。しかし、「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」は全く別物です。

アミノ酸シャンプーは純粋にアミノ酸だけを使ったものなのですが、アミノ酸配合シャンプーには、石油系合成界面活性剤も使われています。アミノ酸も入っているけど、他の成分も入っているので「アミノ酸配合」と表記されるのです。このタイプのシャンプーは洗浄力が強すぎるので要注意!

また、シリコンもはっきりと「シリコン」と表記されず、たくさんの名称が使われています。合成界面活性剤も同様です。「種類が多すぎてわからない!」という場合は「シリコン・合成界面活性剤フリー」と表記されたものを選びましょう。

市販で買えるプチプラ育毛シャンプー ベスト3

NO.1【スカルプDシリーズ】

・頭皮のプロフェッショナルといえばスカルプD!ブランド力にも定評あり♪
・頭皮と髪の毛の状態にあわせてケアできるから、自分にぴったりのものが見つかる
・毛穴のつまりを解消して髪の毛自体にもハリを出すWアプローチ処方

「薄毛が気になりはじめたら、まずはこれ!」という人多数!認知度が高いのも安心できるポイント♪頭皮の症状に合わせてシリーズ化されているので、自分のコンディションにぴったり合うものでケアができます。薬用タイプでダイレクトにアプローチするため、実感力が高いのも魅力的!メンズ・レディースどちらもあるので、性別問わずケアできます。アンファーの実力が詰まった期待の1本です。

NO.2【MARO 3Dボリュームアップシャンプー】

・とにかく髪の毛の立ち上がりが◎!ボリュームアップ効果に期待!
・洗っているところから保湿するから頭皮の乾燥をブロック
・髪の毛の芯からリペアできるからコシのある強い髪をつくる

毛穴をしっかり洗って保湿!フケ・かゆみを同時に抑えるから、頭皮環境の改善効果大!ナチュラルな成分を使用しているけれど、ボリュームアップ効果を実感できる1本です。容量が多く、コスパも抜群♪皮脂がたまりやすい部分を中心に、髪の毛を根元からしっかり洗って毛穴づまりをブロックします。

NO.3【ウルオス 薬用スカルプシャンプー】

・プチプラだけどしっかりケア♪薬用タイプの本格派シャンプー
・ノンシリコンだけど、髪の毛がサラサラに♪
・強い爽快感はないけれどさっぱりするタイプで泡立ち・泡切れも◎

ドラッグストアで購入できるシャンプーの中でも、使い心地が良いスカルプシャンプーです。「メントール感が欲しいけど刺激が強いのは・・・」という人にオススメ!少量で十分洗えるので、コスパも◎!毛穴がつまって頭皮にニキビができてしまった人でも、グリチルリチン酸が配合されているから炎症効果が期待できます。

まとめ

育毛シャンプーの種類は本当にたくさん!値段もピンキリなので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。「いいシャンプーを使いたいけれど、まずは手頃なものから・・・」という人でも、成分を中心に選ぶ時のコツさえつかめば、市販のプチプラ育毛シャンプーでも十分ケアできますよ♪

・シリコンや合成界面活性剤に注意する
・アミノ酸系とアミノ酸配合シャンプーの違いをチェックする
・洗浄力が強すぎるものには気をつける

まずはこの3点に気をつけて選んでみてくださいね♪

こちらの記事もよく読まれています!