さとやま未来大賞2017 in ひろしま

中山間地域にあるものを活かして、新しい価値の創造につなげている好事例を「さとやま未来大賞」として顕彰し、その活躍を応援するとともに、プロセスやノウハウを共有することによって、取組のさらなる普及をめざします。

募集対象 広島県内の中山間地域にあるものを活かして新しい価値を創り出す取組
 ※自薦・他薦は問いません。また、個人・団体も問いません。
 ※活動の規模やジャンルに制限はありません。
 ※「ひろしま さとやま未来博・ココロザシ応援プロジェクト」
   エントリーしていない企画でも応募できます。
 ※団体は法人格の有無を問いません。
賞の概要

《さとやま未来大賞》 1点
中山間地域ならではの多様な資源を活かして、新しい価値やサービスの提供につなげている優れた取組

《未来のたね賞》   3点
今後の活動の広がりや成果の具体化などによって、大賞につながっていく可能性を秘めている取組
副 賞 《さとやま未来大賞》
  • まちの鍛冶屋さんが作った「鉄製トロフィー」
    (安芸太田町・鍛冶工房金床 秋田和良さん制作)
  • たくさんの人に配りたくなる「オリジナル活動紹介冊子の制作」

《未来のたね賞》
  • 広島県産木材を使った「木製 表彰楯」
    (三次市・一場木工所 制作)
授賞式 平成29年11月26日(日)
※さとやま未来博クロージングイベント会場
  • 表彰状
    ひろしま里山交流プロジェクト実行委員会 会長(湯﨑 英彦 広島県知事)より表彰
  • トークステージ
    授賞式後、受賞者の方には、未来博・総合監修者とのトークステージに登壇していただきます。
審査員
指出一正さん
月刊ソトコト 編集長
指出一正さん
(さとやま未来博 総合監修)
山崎亮さん
コミュニティデザイナー
山崎亮さん
(さとやま未来博 総合監修)
平尾順平さん
ひろしまジン大学 学長
平尾順平さん
加藤せい子さん
NPO法人
吉備野工房ちみち 理事長
加藤せい子さん
新里カオリさん
立花テキスタイル研究所 所長
新里カオリさん
審査方法
  1. 第一次審査:書類選考を実施する。
  2. 一般投票:「さとやま未来展」来場者による投票、ウェブ投票
  3. 第二次審査:審査員による、最終選考を実施する。
審査基準 ①発想:里山の宝(よいところ)を発見し、上手く活用しているか
②問題解決性:問題に対して効果的なアプローチとなっているか
③波及性:他地域での参考になるか
④ココロザシ:自らの取組に対する想い
⑤共感:一般投票による投票獲得数
応募方法 所定の応募用紙をダウンロードし、ご記入の上 提出期限までにメールもしくは郵送で提出してください。
応募用紙ダウンロード募集要領をダウンロード
提出期限 平成29年8月4日(金)必着
提出先 メール:satoyamakouryuu@pref.hiroshima.jp
郵 送:〒730-8511 広島市中区基町10-52
ひろしま里山交流プロジェクト実行委員会事務局(広島県中山間地域振興課内)宛
問合せ TEL 082-513-2634
添付資料 (必須)
応募用紙に貼付する写真データや、活動に関するそのほかの写真データ
※郵送の場合は現像したもの。プリンターで印刷したものは不可

(任意)
活動実績の分かるもの(A4 10ページまで)
注意事項

※事前にご確認の上,ご応募ください。

  • 受賞者は11月26日(日)に開催する「ひろしま さとやま未来博2017クロージングイベント」にて行う授賞式及びトークイベントへ出席していただきます。
  • 提出いただいた応募用紙や写真は返却しません。また、審査内容は公表しません。
  • 応募,審査において実行委員会事務局が入手した個人情報に関しては,当事業以外の目的には使用しません。