さとやま通信

2017.07.04

【県内対象地域「トレイルウォーク&クリーンアップ1000人大会」】きれいな山道を楽しんでほしい。ごみを拾って、気持ちもトレイルもすっきり!

 text by Chiemi Furukawa

DSC07986

こんにちは。さとやまレポーターのフルカワです。6月4日「ひろしま山の日」に合わせて開催された「トレイルウォーク&クリーンアップ1000人大会」に参加しました!

広島市、呉市、廿日市市、江田島市などにまたがる全長289.1kmの「広島湾岸トレイル」。コース上を33個所に分かれて、里山を歩きながら1000人でごみを拾おうという大規模な企画です。会場の一つ、呉市の「深山の滝」周辺コースにお邪魔しました。

DSC08059

DSC08058sma

最近、日本でも注目が高まっている「ロングトレイル」。

まだまだ耳慣れない言葉ですが、ロングトレイルとは「歩く旅」を楽しむ道のこと。登頂を目的とする登山とは異なり、登山道やハイキング道、自然散策路、里山のあぜ道、ときには車道などを歩きながら、その地域の自然や歴史、文化に触れることができるのがロングトレイルです。(特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会HPより)

DSC07772

DSC07748

深山の滝周辺コースに集まったのは、山登りを愛する十数名の皆さん。装備も本格的です。片手にごみ袋を持って道路沿いを一列で進みます。まず目につくのは、タバコの吸い殻の多さ。歩く人はほとんどいない山中のため、車からのポイ捨てだと推測されます。

DSC07777

DSC07792

山道に入り、呉市野営場方面に向かって落ち葉が積もった道の上を歩きます。木漏れ日の中、小川沿いを歩きながら「やっぱり山は気持ち良いね」と話していた矢先、大量のごみが廃棄されている場所に遭遇。空き缶、空き瓶、ヤカンからコンロらしきものまで…。あまりの量に各自が持っていたごみ袋があっという間にいっぱいに。おそらく上側の道路から不法投棄されたものでしょう。

DSC07899

今回の主催者である「広島湾岸トレイル協議会」の会長・田川宏規さんは「普段からスーパーの袋を持ってごみを拾いながら山歩きしているが、タイヤなどの産業廃棄物は私たちだけでは回収が難しい。産廃業者の方も活動に協力してもらえたら」と話されていました。

DSC07964

DSC08013

指定された回収場所へごみを運び、クリーンアップは終了。参加した女性は「思ったよりもごみが多くて驚いた。一人だと大変だけど、みんなで拾うと楽しいですね!」と笑顔で話してくれました。

ちょうどお昼時になり、「深山の滝」を眺めながらのお弁当タイム。自然の中で食べるごはんはいつもより美味しく感じます。街と里山の近さが広島の魅力。美しい里山を次世代へ残していくために私たちに何ができるのか、改めて考えさせられた1日でした。

 

〈次回の開催予定〉

「広島湾岸トレイル」では、今後定期的に「トレイル体験会」が開催されます。

(要申込・要参加費)

くわしい日程をみる(外部サイト)